MENU

情報システム部 S.K

システムからインフラまで―。
IT関連業務を担う専門部署

現在の業務内容は?

情報システム部としては、グループ全体の情報システムやネットワークなどITインフラの企画・導入・保守管理、及びコーポレートサイトなどの各種Webサイトの構築・保守管理を担当。“社内ITコンサル”を含むプロジェクトマネジメントまで、ITに関連する多岐に渡る業務を担っています。私自身は全体的なITのプロジェクト管理を担っています。

“社内ITコンサル”により、
アミューズ独自のIT環境を整備

これまでの経歴と仕事の中でのターニングポイントは?

2013年に中途入社する前は“ITコンサルタント”として、BtoBのITサービスを提供しており、様々なプロジェクトを行う中でご縁があり、アミューズに入社しました。入社するにあたって感じたのは「まだまだITの分野で挑戦できる可能性がこの会社には多々あるな」ということ。これまでの経験を活かしつつ、「ベンダー側ではなく、ユーザー側の立場でIT環境を整備する」という新たな課題に挑戦できるところに惹かれましたね。

アミューズはライブなどで最新の技術を使用した演出などを取り入れていたりもするので「ITまわりも、最先端のことをやっている」というイメージを持っている方も多いはず。でも、そういった状況はありつつも「まだまだこれは手の入れどころがあるな」と感じ、全体的な改善プロジェクトを行うことにしたんです。

ネットワーク環境の整備やサーバーのクラウド化などを進める一方で、特に力を注いできたのは“社内ITコンサル”という仕組みを確立することですね。たとえば「勤怠管理システムを導入したい」
「経費精算システムを導入したい」などと他部署から声がかかれば、情報システム部のスタッフが内容をヒアリングした上でRPF(提案依頼書)の作成や業者選定の補助を行い、プロジェクトマネジメントまでをトータルで担当します。デジタルのチカラで新しいモノやコトをロジカルかつスピーディーにつくりあげていく―。そんなアミューズならではのIT環境を整備できたことも、1つのターニングポイントだと思っています。

また入社してとても感激したのは、アーティストのマネージャーをはじめ皆さんが「めちゃめちゃ一生懸命に仕事をしている人」ばかりだということ。みんながアーティストを本当に大切して、どう売り込んでいこうかを考えていますし、「いいものをユーザーさんに届けたい、おもしろいモノをつくりたい」などと、エンタメに真っ向から取り組んでいます。そして、それぞれが自分の持ち場でできることを実践していく。そんな人たちと一緒に働くことでさまざまな刺激をうけますし、「自分の知識や経験、存在があることで少しでも現場がラクになったらうれしい」という、新たな感覚も芽生えるようになりました。

なぜなら、前職時代は大企業や官公庁を主に担当していたので、どちらかというとアサインされた仕事を確実に遂行することが大前提。その点、アミューズは自分たちでITプロジェクトの旗振り役を担えるやりがいを味わえます。「仮のゴールをつくって、調整しながらひらすら進む」という感じなので、時には失敗しても次のチャンスにつなげればOK。まったく逆のワークスタイルですが「つくったもので喜んでもらいたいという」という気持ちは、以前よりもだいぶ大きくなりましたね。

現場にとことん寄り添って、いいシステムをつくりたい

現在、仕事で意識していることは?

一番、心がけているのは常に現場に寄り添う姿勢を忘れないことです。現場サイドにシステムの使い心地などをヒアリングする機会も多いですし、困っているところや足りていない箇所を調査して、そこにITリソースを投資していく仕事ですから。新しい仕組みを取り入れる時には、社内の人たちがスムーズにシステムを使用できるように説明会やマニュアルの作成などもしています。さらには「物販ブースの販売管理システムはちゃんと機能しているか」などを確認するため、ライブ会場に足を運んだり…。やっぱり現場を知らないと、いいシステムはつくれません。

“アミューズDX”を推進!
「デジタルに強いエンタメ企業」へ

今後アミューズで挑戦してみたいことは?

現在、部署をあげて取りかかっているのは「基幹システムのリニューアル」。すでに4年がかりで取り組んでいる、ビッグプロジェクトのひとつです。日本政府でも「来年度中にデジタル庁を設置する」議論が交わされていることもありますし、「世の中が思い切りデジタルシフトする」みたいな、いい風が吹いている感じ。経営陣からも「先を見越した上でのデジタル化を進めて欲しい」と言われているので、“アミューズDX”と銘打って2年がかりで(デジタル化を)完成させる予定です。

何よりも「エンタメ企業って、デジタルにも強いんだ」ということを、“アミューズで具現化すること”が私の目標です。これまでも法人利用の中ではスペックの高い機種のPCを導入していますし、社員全員が使用している社用スマートフォンを5G対応の機種に変更中。個人レベルでのデジタル環境を強化して、デジタルに対する意識改革を進めていきたいですね。

うまくデジタル化に移行できれば、オフィス以外でも仕事がしやすくなり、結果もすぐに共有できるように。時代に沿った“新しい働き方”がカタチになっていくはずです。

そのためにも、情報システム部全員が最新のデジタル技術を理解して、ひとりでも品質の高いプロジェクトマネジメントができるようにスキルを平準化。関連書籍の購入や資格取得、セミナー参加などを促して、チーム全体のスキルを底上げすることも私のミッションだと認識しています。

クリエイティブな発想で新たなデジタル環境を生み出す仕事

情報システム部の仕事をあえて一言で表すと?

情報システム部という部署名ですが、私たちの仕事は“社内SE”ではなく、“グループ内ITコンサル”。開発自体は外部ベンダーに依頼しますが、それ以外の部分を社内で完結していることもアミューズの特徴です。アウトソーシングしているとスピード感が落ちてしまうし、クオリティを担保できるパートナーを見つけるのは本当に大変。また自社の案件だと気持ちが入る分、余計にできあがるものが良かったりする相乗効果も期待できます。

入社する方にとっては、1社にいながらプロジェクトマネジメントまでを学べる&経験できるいいチャンスだと思いますよ。当社なら“社内ITコンサル”として働ける環境を味方につけて、デジタルとエンターテイメントを融合した新しいビジネスの開発にも挑戦可能。現場の人たちをバックアップしながら、様々なリクエストに応え、よりよいIT環境を創造していく―。そんな“クリエイティブなIT職”をぜひ一緒に楽しみましょう!

2022年度採用 ENTRY キャリア採用はこちら