ダイレクト・コミュニケーション

アミューズは、『ファンの皆さまに良質なサービスを提供し続けること』を何よりも大切にしてきました。ファンの方からの声援・支持があって、初めてアーティストが活躍する場ができ、その声を真摯に受け止め、アーティストに伝えていくことで新しい発想やより質の高いコンテンツを生み出していくことができると考えています。

現在、アミューズにはサザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフィティ、Perfumeを始め、11アーティストのファンクラブ(以下、FC)を運営しています。FC運営を外部に委託しているケースも多い中、アミューズは事業部門としてFC運営を行い、より会社全体の方針に合わせた運営を可能にするとともに、アーティストやマネージャーとのダイレクトな連携による良質なサービスと、ファンの皆さまのご要望に対する即時性を生みだしています。それはまさに、アミューズの心臓と呼べる機能です。

ファンの皆さまとアーティストの架け橋に

具体的な仕事としては、各FCの会報の製作、限定コンテンツ(イベント・サイトなど)の企画制作、情報更新、お問い合わせの対応、会員管理業務などが挙げられます。各FCによりそのアーティストのカラーやファン層が違うため、その特性を分析し、サービスを考えていく必要があります。アーティストとファンの皆さまとの間に立ち、時にはサプライズを用意しながら、アーティストの情報や活動を楽しみに待っていただいているファンの皆さまに、ベストなサービスがお届けできるように活動しています。

会報製作にあたっては、内容を企画・構成することはもちろん、自身でインタビューや撮影なども行います。ライブの際には現場へ行き、その模様の撮影やレポート、また、FCブースにて入会・継続受付の実施、FC会員限定グッズの販売なども行ないます。そして、ファンの方々がどのような反応をしているのかをその目と耳で感じ、次のサービスへと繋げていきます。イベントに関しては、マネージャーとともに内容の企画の考案、その企画に合う会場選定、運営などを行います。ファンの皆さまの大切な思い出になるプレミアムイベントなので、いかなる場面でも絶対に手は抜けません。

これらの仕事で求められるのは、アーティストの想いを的確に捉えながら、受け取るファンの皆さまとの間に立ってしっかりとカタチにしていくアイデア力・推進力・調整力、イメージしたものを伝えられる表現力です。時には、ファンの皆さまからの要望と、アーティストやマネージャーの考えが上手くマッチしないこともあります。その際には、中長期的な計画や戦略をもとにアーティストやマネージャーとの話し合いを重ねて、ファンの方にとっても、アーティストにとっても最も良い方向性を探し出す・・・、まさに、ファンの皆さまとアーティストの架け橋となっている仕事と言えるでしょう。電話やメールでのお問い合わせ対応についても、ファンの方々にとってはその言葉が、アーティストを代弁する言葉でもあります。電話対応ひとつで、アーティストのイメージを傷つけてしまう恐れもあり、常に小さなことまで気を配ることが必要な仕事です。

良質なサービスの追求

会報製作、FCイベントなどのサービスを例に挙げましたが、「これをやってはいけない」という決まりはありません。デジタルデバイスが発達し、世の中の環境が目まぐるしく変わっていく中で、会員の皆さまに「このFCに加入していて良かった」と感じていただけるような、時代に合ったサービスを考え出す多角的なアンテナを張ったアイデア力も、非常に重要となります。

最高のサービスを提供できたその時、きっとあなたの前に広がる光景は、笑顔いっぱいのファンの皆さまの姿と、より輝きを放つアーティストの姿です。

ENTRY あなたの「ワクワク」を
世界に届けてみませんか?

PAGE TOP